会社にある大型複合機は大体リース

会社の複合機はリース


うちの会社は全国に20以上の事務所を展開して事業をしていますが、その全ての複合機はリース契約をしているそうです。わたしはリースという意味を知らなかったのですが、最初にリースの内容を知った時は自分の会社はお金が無いのかな。なんて間違った認識で考えてしまいました。そんな話しを同僚にした時に、その同僚は詳しく教えてくれたのを覚えています。リース契約は会社に取って様々なメリットがあるということがわかりました。

特にその時代の複合機は一年で大きく進歩していました。なので数年すると最新型の機種と大きな、大きすぎる性能差が出てしまいます。その時にリース契約の一つのメリットが生かされるということを知りました。リース機器は契約期間が終わると更新か更新しないかを選ぶことが可能で、その時に最新機種に変えたければ、新しい機械で契約をすれば常に新しい機械を月々の費用負担を安く使用することができるのです。これだけでも大きなメリットがあります。

次に経理面での費用計上にも大きなポイントがあるとしりました。通常、複合機を購入すると10万以上の買い取り価格となり固定資産として計上して、減価償却をしていかなければなりません。しかしリースは毎月の使用料なので、減価償却の管理や費用計上といった事務処理が簡素化されるのです。このメリットも台数が多くなると大きいポイントになります。また当然ですが、買い取りに比べて最初の資金支出が少ないのもメリットだそうです。

Comments are closed.

viagra uk viagra generic viagra buy cialis tadalafil viagra 50mg http://www.viagra-100mg.com/ http://www.20mgcialis.org/ tramadol 50mg http://www.buyingxanaxonline.org/ http://www.buytramadolonline1.org/ provigil valium online tramadol without prescription http://www.buyingviagraonline.co.uk/