会社にある大型複合機は大体リース

複合機をリースで利用するメリット


大手メーカーがリリースしている複合機ならなかなか壊れることがないので購入して使い倒すという方法も良いだろう。しかし複合機の進化はめまぐるしく、今では仕事の補助的な役割からワークフローに割り込んでくる勢いである。その原因として挙げられるのがスキャナー機能である。紙から電子にすることで情報の伝達と配信が格段に早くなることから利用が進んでいる。そういった変化に対応するためにリースでの購入を考慮に入れるべきである。

リースで購入すれば、固定資産税を支払う必要がなくなり減価償却も必要なくなる。そういった費用が発生しないというよりも管理や計算をしなくても良いというメリットのほうが大きいだろう。また、月額料金を払っていくことで利用することがで多くの場合は、5年で満了となる。その前にリースオンして新しい複合機に代替することも出来るため、一定の費用を払っていくことで数年で新しい機能を利用することができる。これにより出力の安定性と業務利用としての複合機を活用することができる。

また、リース料金が月額であることと所有がリース会社ということから保守メンテナンス費用が含まれていると考えがちだが、間違っている。月額のリース料金は、本体の購入代金の代わりであり、保守は製造メーカーや販売店に関与する内容である。複合機の保守メンテナンスは、カウンター契約であることが多く1枚当たりの料金を設定し、出力した枚数により保守料金を請求する仕組みである。こちらも毎月請求となっており、リース料金と同時期に支払われるケースも多く、混同しがちである。

Comments are closed.

viagra uk viagra generic viagra buy cialis tadalafil viagra 50mg http://www.viagra-100mg.com/ http://www.20mgcialis.org/ tramadol 50mg http://www.buyingxanaxonline.org/ http://www.buytramadolonline1.org/ provigil valium online tramadol without prescription http://www.buyingviagraonline.co.uk/